VANTECH
ADVANTAGE

性能

VANTECHが追求するもの
「快適で安全 - Comfort with Safety」

VANTECHが選ばれる理由は
様々な独自システムや細部にまでこだわる高い設計力にあり、
日々開発を続けています。

快適性と安全性を切り離して考えるのではなく、
その二つを融合した技術を研究し開発することに意味があり、
バンテックの強い意思が込められています。

CS ボディ(Comfort with Safety Body)
デザイン性の高さと 安全性能を両立した 独自のボディ。

CSボディとは、強度と弾力性に優れた繊維強化プラスチック(FRP)で一体成型のFRPボディです。その名の通り衝撃を拡散させ、衝撃から内部の乗員の安全を守るために開発されました。ボディを支えるためのフレームを持たず、継ぎ目もありません。このコア構造を有するボディは断熱性、デザインの自由度、安全性が非常に高いため、キャンピングカーにとって最高の選択となりました。

ソリッドスクエアフレーム
絶対的な安定感、車と人を支える強靭な骨格。

CSボディの床下にあるサブフレームは、住宅で例えると基礎にあたり、キャンピングカーの住空間を支えています。 そのサブフレームのねじれ剛性を強化したのが「ソリッドスクエアフレーム」です。バンテックでは、全てのキャブコンに採用しており、これにより住空間が安定するほか、さまざまな路面状況でも安定した走行を実現しました。今まで不安定だった高速道路でのコーナリングやカーブの多い場所においても安心ですので、キャンピングカーが初めての方でも快適に運転することができます。

バンテック独自の断熱構造
特別な空気層が作る心地良い室内環境。

車内の快適性に於いて重要な室温。バンテックのキャブコンの室内は「夏は涼しく」「冬は暖かく」快適に過ごせる様に独自の断熱構造が施されています。その理由は「空気層」。外装のFRPの下の内側は断熱空気層が詰まっており、安定した室温を作ります。天井には住宅にも使われるグラスウール断熱材、バンクベッドの天井部分はエアロフレックスという独立発泡断熱材が施されており、一年を通して快適な室温でキャンピングカーライフをお楽しみいただけます。

リライアンスシート
乗る人を守る、世界基準の安全品質。

乗用車では段階的に実施されているシートベルトや座席関連の新基準。当社では同じく人を乗せる車としてキャンピングカーにも新基準のシートを導入致しました。「快適」と「安全」を両立させ、「お客様の幸せ」を守りたいと真剣に考えるバンテックブランドの伝統とノウハウが、ヨーロッパを始めとした世界基準に値するシートフレームの開発、商品化に成功しました。バンテックブランドのキャンピングカーには新基準に適合したシートフレームが標準装備されており、我々の技術と安全に対する取り組みは、世界水準を見据えて大きく動き出しています。

アクリル断熱二重窓
ガラスと比べて「10倍の強度、5倍の断熱性、重量は1/2」。

CSボディに設置されている窓には、断熱性と防音に優れたアクリル断熱二重窓を採用。通常のガラス二重窓の場合、万一の事故で横転した場合にガラスなので割れやすくなります。アクリル二重窓であればガラスの10倍の強度と言われるその特性から、割れて乗員が車外に放り出される危険性は非常に低くなります。また、断熱性はガラスの5倍で結露しにくく、重さもガラスの約半分と軽量の為、重量バランスにも一役かっております。

FFヒーター
快適な室温を昼でも夜でも保つ。

当社は消費電力が少ないFF型燃焼式ヒーターを、多くのキャンピングカーに標準装備しております。FFヒーターはエンジンを停止した状態でも、冬の寒さで冷えた室内を素早く温めることが可能です。燃焼の吸排気は室外で行っている為、室内の空気をクリーンに保ちつつ、室内温度を最適な温度まで引き上げる事が可能です。また、エンジン用の燃料タンクから燃料が供給されるため、煩わしい給油の手間が必要ありません。

デュアルソースエアコンシステム
家庭用エアコンを「静か」に動かす技術。

キャンピングカーの空調システムとして、今やスタンダードとなった家庭用エアコン。省エネ設計で一年中快適な車内温度を提供してくれます。これまではエアコンを動かす動力として主に発電機が使われていましたが、発電機には大きな騒音という欠点がありました。夜間でも快適に過ごせる、発電機を使わないバッテリーとエンジンだけのオリジナルのシステムを確立し、静かで快適な車内空間を実現しました。

ダブルメインスイッチ & チャージエラーランプ
大切な充電エネルギーを運転席からも確認、操作できる設備。

一般的にサブバッテリーからの電気供給を一括操作することができるメインスイッチは、室内エントランス部に1つのみ装備されています。しかし、バンテックでは運転席にも装備することで、運転席側とエントランス側のどちらからでもON/OFF操作が可能になっています。また、サブバッテリーへの走行充電に異常があるときに点灯する「チャージエラーランプ」を運転席側のメインスイッチに用意しました。キャンパーにとって大切な充電エネルギーを運転席から簡単に視認できる位置に設置しているため、万が一の対処も素早く行うことができます。

バッテリー残量計
多くの機能を容易に操作できる安心。

「バッテリー残量計」はサブバッテリーの状態をリアルタイムで表示。サブバッテリーの電圧以外にも現在の使用量、充電量、残量をわかりやすくデジタルで表示し、スイッチ一つで切り替えることができます。長期滞在や旅先などでサブバッテリーの残量を常に把握できるため、突然サブバッテリーが無くなり、室内の電気機器が使用できなくなるという不安を解消してくれます。特にエアコンや電子レンジなど、消費電力が多い家電品をサブバッテリーからの電気供給で使用するときは、サブバッテリーの残量がとても気になります。安心して電気を使用するために「バッテリー残量計」はキャンピングカーには必要不可欠な装備です。

バッテリープロテクター
サブバッテリーの過充電を抑止する保護回路。

照明器具や冷蔵庫等に電気を供給しているディープサイクルバッテリーは繰り返し充電して使うことができる大変優れたバッテリーです。しかし、過充電はバッテリーの寿命を縮めたり性能低下の原因になることも。 特にキャンピングカーは、停車中に使用することを目的としているためサブバッテリーに大変な負担が掛かります。 そこで本来の性能を最大限に引き出すための装備が「バッテリープロテクター」です。 バッテリープロテクターはサブバッテリーの電圧を常に監視し、自動的にリレーで電力供給をON/OFFし、過放電を抑止。バッテリー使用により電圧が10.5Vまで下がると電力供給を自動でOFFに。 再度の充電により電圧が11.5V以上になるとONになり、自動的にバッテリーを使用することができます。

セキュリティ集中ドアロック
強固で安心。家族を守るセキュリティロック。

セキュリティ集中ドアロックとは、ベース車のコンピューターでエントランスドアまで管理することができるドアロックシステムです。そのため、1つのリモートキーで乗車扉全て(運転席扉、助手席扉、エントランスドア)の開閉操作が可能。また、『インロック防止機能』も連動しており、車内に鍵を置いたまま締め出される心配もありません。反対に、誤操作で鍵が開いた場合は『セキュリティドアロック』が作動して30秒後に乗車扉の鍵が全て施錠されます。

シグナルスタートチャージシステム。
シンプルで合理的な走行充電システムを開発。

自動車に搭載されている発電機(オルタネーター)が発電した電気をサブバッテリーに充電する走行充電システムには、様々なタイプがあります。その中でも、「シグナルスタートチャージシステム」は最も無駄の無い合理的な走行充電システムです。オルタネーターの発電を感知した時のみ、サブバッテリーの充電を開始する回路になっています。エンジン始動時などの過電流が充電回路に流れるのを防止し、安全で確実な走行充電を実現します。もちろんエンジン停止時は、バッテリーリレーの信号がOFFになり、メインバッテリーとサブバッテリーの回路が遮断されますので、安心して室内の電気機器を使用する事ができます。

バンテックロゴ
Copyright © VANTECH Inc. All Rights Reserved